着るだけでUVカットできるラッシュガード

水着の上に着るラッシュガードやUVカットの衣類に書いてある紫外線防止指数「UPF50+」って どういう意味か知っていますか?

ショップリスト

 

日焼けをカットしてくれる指数なんだと思うけど、詳しいことはわからないという人、多いんじゃないでしょうか。

 

「UPF50+」とは、紫外線防止指数で、15分間(人の肌が赤くなる紫外線量の基準値)日焼け止めクリームとかを塗らないで、 紫外線を肌に浴びた時の日焼けと同じ程度の日焼けをするのにかかる時間を算出しています。

 

ややこしいですが^^;

 

15分×50「UPF50+」=750分

750分間=12時間半

12時間半も日焼けを防ぐ効果が期待できるということですね。

 

まぁそんなに長い間、海やプールにいることはないと思いますが^^

「UPF50+」は紫外線防止指数の最高値で UVカット率95%以上なんだそうです。

 

UPF15~20 Boa(良い)、UPF25~35 Muito Boa(優良)、UPF40~50+ Excelente(優秀)の3段階に分かれています。

 

ラッシュガードは最近とても増えていますね。

 

海の中では岩などでの擦り傷も防止してくれますし、体型カバーにもなります。

 

着るだけでUVカットもできるラッシュガードを着て 日焼けを気にせず海やプールを楽しんでください♪

 

おしゃれなラッシュガードから、フィットネス系まで、 品揃え豊富なバケスタのラッシュガードのページにも「UPF50+」の解説書いてありました♪

 

画像をタップすると、バケスタのラッシュガードのページにいきます。

↓画像をタップ↓